京都人のイメージ

関東に引っ越してきて、京都出身です、と言うと少なからず、怖いだの腹黒いんでしょなどとテレビなどで勝手にもてはやされている京都人のイメージを言われる。

今私のことを怖いとか腹黒い人だと思われてるのか、とか、私の方が怖くなったりもした。いいイメージの話ならまだしも、京都の人って腹黒いんでしょ、などと言われてどう言ったらいいんですか?私もその腹黒い人のひとりだと思われているなら、本当のことを言うわけないでしょ。

 

言う側は、きっと何にも考えていなかったりするのだろうけど。ただの世間話の一つなのかもしれない。

でも、いきなり腹黒いなどと言われるとなんだかショックだ。説明しても通じているのかよくわからなかったりもするし、きっとそう聞いてくるひとには京都人が腹黒くなければつまらない、くらいのことなのかもな。

 

そしてそう言う人に限って、京都が好きだったりするんだ。

なんで?

京都の人は怖いけど、そんな怖いひとがいるところが好きだし、行きたいのか?

京都に行ったことがない人がそういうことをいっているのか?

 

よく分からないし、お腹も空いてきたから今度にしよう。

 

広告を非表示にする

さっき

テレビでさっき、小沢健二さんとセカイノオワリが出ていた。去年、小沢健二さんのライブで聞いたあの曲。

ファンの方には申し訳ないけれど、好みなのでなんとも致し方ない。私はセカイノオワリが苦手だ。だから表記の仕方もわからない。すみません。

 

でも今日のテレビはよかった。

よかった。

いろいろと偏った目で見ずに、フラットに物事を見聞きしていたいなぁ。と思った。

いいものはいいんだ。

 

広告を非表示にする

スーパーにて

この日記、iPhoneからしか書けなくて(パスワードがわからなくなってしまってた)、

だからこそiPhoneの調子を伺いつつだったのだけれど、修理から帰ってきた途端、パスワード思い出した。

 

そんなもんだな。

 

 

この間、スーパーに行ったらレジが研修中の若い男性で、私の前に並んでいる女の人がうれしそうで、もうファンいるのか、やるなあと思って見ていたら私の番。

レジ打ちおわって「.あっ」と言われて一緒にレジかごを覗き込んだら、

シチューの箱の角が丸いの、初めて見ました、と言われて一緒に 「ほんとだ」って。

あの流れるようなレジ打ちの間に会話まで。

研修中のバッジがうそなんじゃないかと思うほど。

なんか、それまで疲れてたのがポンと取れたような気がした。

 

やるなぁ。

 

 

 

広告を非表示にする

おかえりiPhone

気づけばもう○月。

 

なんていってばかりいるうちに、9月。

ご機嫌を伺いながら使ってきてたiPhoneだけど、やっぱりなんともかんともいかなくなって、やっと修理に出した。

なんてことない、経年劣化だった。

おつかれさま、iPhone

 

そして最近はiPhoneのことばかり書いていたなぁと気づく。

 

今日やっと手元にiPhone

ピカピカの、iPhone

うれしいなぁ。

これからも、まだまだよろしく。

 

広告を非表示にする

それから

吸い寄せられて、デンマークへ行ったり、iPhoneの調子を伺っているうちに、いつの間にかはや二ヶ月。

 

梅雨も、とうにあけました。

 

そういえばこのブログが私だとわかって読んでいる人はいるのだろうか。

ツイッターでもここでも、名前を明かしていないのに、自分からは知らせてない、知らないだろうとおもってる人からいいねとかつくとびっくりしてこわくなったり。でも、知ってるよ、とあえていわないか。

いやなら鍵をかけろということだろうな。

鍵をかけるとうちにこもっちゃうような、そんな気がして、風通しよく鍵はかけていないけれど、だれに読んでもらったっていいけれど、

なんだろう、このモヤモヤ感。

 

そんなこの頃。

 

そして

仕事が決まって、ほっとしている私です。

広告を非表示にする