読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「沼」考察

ツイッターなどのSNSでよく見かける、すごくファンになることを指すであろう(詳しくは違うニュアンスもあるのか、はたまたないのかは知りません)「沼」という表現に、私は以前からすこし引っかかっているものがあった。

だって、「沼」ってはまると汚いし、泥だらけになるし、そしてきっと、臭い。

なんでそんな表現をするのだろうと。

 

もちろん、使っている方々のことをどうこう思ったり言ったりしているわけではなく、ふとした素朴な疑問です。

 

定例化している言葉なんだろうなと思いつつ、何か別のいい言い方ないのかなぁと思ってきた。

じゃあ、なんだろう。

ブラックホール」?

うーん、すぐにいい言い方なんて見つからない。

しかも、ブラックホールなら好きな人もそうでない人もすべて吸い込んでしまいそうだ。 

 

 それにしても、

「踏み込んだらどんどん引き込まれる感」や、「踏み込みたいけどはじめはちょっと躊躇しちゃう」

といった心理を1つの漢字で表しているってすごいなと思った。

言い始めた人すごいなぁ。

 

そうか、ファンである対象の"そのもの"で構成されてる「沼」だから汚いとか泥だらけになるという概念でなくむしろつつまれてる感たっぷりなのか。

ますますなんかすごいな。一文字ですべてを言い表してるなんて。

 

自分で言っておいて、自分で腑に落ちました。

 

(ここまでいいながら、世間で使われている意味がそうなのか、そうでないかはまだよくわかっていません。くぐったらたくさん出てきそうだけど)

広告を非表示にする