記憶と記録

急になんだ、って感じだけど、ふと、20代の時に付き合ってた人の名字が思い出せなかった。

 

思い出せなくてもなんてことないし、下の名前で呼んでいたし、もうとっくの昔に別れちゃったし、別れ方最悪だったしと色々思ったけれど、いちばん思ったのは昔のことってそういうものなのかもしれないなということだ。

 

いま過ごしているこの時も、何年後かには忘れてしまうのかな。

 

忘れないために、写真に残したり、こういう文章に残したり、してるのかな。

忘れてたこともその写真たちによって記憶がたぐりよせられることってある。

 そうしたら、楽しいと思ったりうれしいと思った時には何かに残しておいたほうがいい気もしてきた。

 

そんな観点を忘れていた。

思えばこの日記も「気になるものや思い出メモ」だったし、それは忘れたくないから、たまに見返して思い出したい(と思っていた)からなんだなあ。そうか。そうだ。

 

覚えておきたいからしっかり胸に刻もうとぎゅっと心を自分で抱きしめていたことはあった。でもどんな時だったかはもう覚えていない。なんてことだ。

もちろん全部覚えていたら身がもたないし、そんなことできないし、同じ景色を見たり言葉を聞いたりしたときなどふとしたときに思い出して、そのくらいがちょうどいいのかもしれない。

 

私はあんまり昔のことを振り返らないタチだ。だってこれから未来はあっても過去には戻らないし、あの時こうだったらよかったのに、というのが嫌いだ。

これからの糧になるならいいんだけど、もう戻れない昔のことにあれこれとらわれるのがいやなんだ。そりゃそうか。

でも、楽しいからうれしいから何かに残すっていう観点すごくアリだ。

 

今思ったことを書いたこの日記も、何年後かに読んで、そうそう、とうなずいたり、うーん今はこうも思うなぁと思ったりするのもいいなと思う。

 

人は変わらないようで変わらないまま変わってゆく。

 

広告を非表示にする