写真の中の私

実家で写真の整理をしていたら、涙が止まらなくなった。1人の時でよかった、と思うほど。

 

写真の中の私は、少し幼くて、どことなく儚げで、笑っていて、でもあの時はあの時ですごく日々頑張っていて、そしてかわいく見えた。決してナルシストなわけではなく、自分なのに自分じゃないような感覚がした。

そりゃあ、あの時からは月日も経って、年齢も重ねているからなのかもしれない。でも、日々生き生きとしていた。恋していた。

自分に今足りない、欲しいものを昔の私は持っていたのだなぁと思ったら、ちょっと嫉妬してしまった。

最近は自分の写真を撮っていなかったけれど、何年か経って今の顔を見たときに私はどんな風に思うんだろう。

今年はもっと、生き生きとしていたい。恋していたい。と強く思った。

広告を非表示にする