好きなものは何もかも好きなのか

リサとガスパールが好きだ。

 

こう言うと何もかもが好きだと思われる。絵本もグッズもアニメーションも何もかも。

普通の人はそういうものなのだろうか。そもそも普通てなんだということにもなってくるけれど、一般的に。かくいう私も友達からそう言われるとそう思ってしまうかもしれない。自分で書いていて反省します。

 

 

何年も前、初めてお店でリサとガスパールのキャラクターを見たとき、そのほわほわやわらかそうな、白と黒のキャラクターに思わず友達と一緒にわーっとかけよった。フランス生まれらしくかわいらしさとおしゃれさとがある感じがしてすごく感動したのだけど、あれよあれよという間にすごくみんなの知るキャラクターになってしまっていた。

この時には、なんか有名になっちゃったな、と好きな気持ちがすこし落ち着いた。今から思うとそういう思考ってちょっともったいない。

 

次のきっかけは、よく行く本屋さんにリサとガスパールの原画展の招待券が置いてあったことだ。軽い気持ちで見に行ってみた。すると、最初に見た時のあの感動が蘇ってきた。原画の筆のタッチと温かさと、リサとガスパールのつぶらな瞳とやわらかそうな動き出しそうな感じが心に波のように押し寄せた。

 

うわわわわ、めっちゃいい!!

感動した。

 

絵本を見たら、原画とはすこし印象が違っていた。トリミングがされていたり、紙に印刷することでどうしてものっぺりしちゃうというか、やっぱり直に原画を見るのは違う。

絵画を画集で見るのと実際に見るのとが違うように。

 

そして、絵本はやっぱり、子ども向けにしてあるのだろうか、太字で書かれた日本語の文のフォントがどうしても受け付けなかった。

なんでなんだろうか。

アニメになった時のキャラクターの動きと絵は合っていると思ったし、その印象からではあのフォントも間違ってはいなさそうだ。でも。

 

なので絵本を買うのはあきらめた。でも、キャラクター商品もなんでもかんでもにリサとガスパール付けたらいいってもんじゃないよってツッコミたくなるくらい、マグカップやお皿などの食器から、マグネット、パズルにタオル、ぬいぐるみ。好きな方なら生活の見える部分に好きなキャラクターがいたら、楽しくなったりうれしくなったりするのかな。うーん、でもあんまり欲しいという気持ちが沸き起こらない。

 

でも、こう思うのも私だけなのかもしれない。だって需要があるから作られているだろうし。

キャラクター自体はかわいい。

あんまりキャラクターが書いてあるものを持つのが好きじゃないのかな、うーん。

 

リサとガスパール好きだし、キャラクター商品が悪いわけじゃないし、買って持っている人をどうこういいたいわけじゃないんです。

 

こう思い返しているのも、今日またリサとガスパールの原画展に行ったからだ。やっぱり原画から受けるリサとガスパールのつぶらな瞳、動き出しそうなほわほわ感は変わらずものすごくかわいい。でもやっぱり今日も絵本やグッズには触手が伸びない。

そうか、対象としている世代が違うのか。

腑に落ちた。そうか。

それは1つの答えだとしても、キャラクターが好きでも何でもかんでも好きってことはなくてもいいよね。いい。それも1つの考え方だと思う。

 

新しい絵本の中で東京の街をゆくリサとガスパール、すごくかわいかった。そしてプリクラを撮るリサのつぶらな瞳が今のプリクラ仕様におっきくなっていたのにはちょっとした衝撃もあった。

また原画展があれば見にいこうと思う。

 

私はリサとガスパールの原画が好きだ。

 

 

東京にて

いま、東京にいる。

 

そして予定が急になくなった。

 

この前提からしてこの事は日頃の私にはなかなか、めったに、全然起こらないことだ。まずもって私は京都在住である。

 

朝見たツイッターを思い出した。知り合いでもたぶん芸能人とかでもない、でもきっと好きなものが似ていそうでフォローしたらし返してくれた方のつぶやき。今日はシソンヌのライブがあるらしい。

 

シソンヌのライブ。

 

ライブといってもお笑いのコントライブだ。シソンヌはNHKのLIFEという番組で見たことはあっても、それ以上の知識はなかった。でも、なんだか、面白いのは間違いないって思った。

 

宿にチェックインし、電車を乗り継いで会場のある下北沢に向かう。

こういう時、特に慣れない東京では乗り換え案内のアプリが便利だ。きっとそれがなかったら、たどり着くまでに倍は時間がかかっていたかもしれない。ありがたいなー。東京はたくさんの路線があるから、どの線の、何行きに乗るか、どちらの出口から出たら目的地に近いのか、ほんと分からない。

やっと着いた下北沢でも、携帯でさっき調べた南口から出たら近いというのを頼りに、すぐに会場の本多劇場にたどり着けた。よかった。

 

当日券の列に並ぶ。もう10人以上は並んでいる。さっきツイッターで調べた当日券は10枚くらいという情報にそわそわする。買えるかな。

なんとか並んでいたら立見が買えた。立見だったが、舞台からはすごく近くてよかった。

 

お笑いのライブって、そういえば見に行ったことない。コントがどんどん、すごいスピードで進んでいく。合間に短い映像でつないであったけれど、さっきとは全然違うシチュエーション、全然違う服装。

早着替えをしてるのに、全然息も上がらず1分前とは全く違うキャラクターを演じているお二人にもびっくりした。プロってすごい。

コントというより演劇に近い感じもしたけれど、息をするのも苦しいくらいに笑ったり、演じられてる登場人物の濃さと面白さはやっぱりコントだった。

1つ1つのコントにすごく、すっと引き込まれていって、白々しさがない。もっともっと見たくなった。

次は前売り買って行こう。

 

 終わって、ツイッターでその知らないけれどフォローしあっている人にお礼を言った。話しかけるのは初めてだったけれど、その方は面白かったね〜、と普通に反応してくれた。

これからもその方とは特に変わらず、これまで通りだと思う。けれど、なんだか今回挨拶したことですこし繋がった気持ちがして、うれしくなった。

 

******

先日、消してしまって、もー。となっていたのはこの文だ。なんとか、どんな風に書いていたか、話をどういう風に書き進めていたか思い出せた。でも、同じ出来事を書いているのにやっぱり所々表現が違ってくる。同じことなのになぁ。

でも、それが文章のおもしろさなのかもなと思った。

 

そして、この文は書き終えるまでに5回保存した。もうくやしい思いしたくない。

広告を非表示にする

日曜の朝の出来事

ああ。さっきまでずっとすらすら書けていたのを消してしまった…

 

タイトル思いついたと思って入れようとしたらすぐ近くに閉じるボタンがあって押してしまったようだ。

しかもいつもその閉じるボタンを押したら保存するかをきいてくれるのにそれもなかった。なんでだ!

 

すらすら書いていた文なのに、もう一度同じ文を書こうとするとなんかやる気も出ないし、一度めの文のほうが絶対によかったのに、でも思い出せないし、ってなるのなんでだろうか。

 

もー!

 

起きたことは仕方ない。

次からこまめに保存しなくちゃと改めて思う。

 

それもこれも、さいきん携帯のタッチパネルの調子が悪い。反応が悪かったり、かと思えばいきなり心霊現象のように触ってないのに意味不明の文章を勝手に入力しだしたりする。アプリ消してみたり、容量空けたり、再起動したり、いろいろやってみてなんとかしのいでいる。

 

もー。

 

といいながらあんまり今日は怒りよりも悟りの心で穏やかだ。こうやって書いていたら気持ちがおさまってきた。

さ、消えてしまったあのことをまた書こうかな。

 

広告を非表示にする

「いのちの車窓から」

星野源さんの新刊、「いのちの車窓から」を読んでいる。片手にはコーヒー。そう、この間のごはんやさんで読んでいたのはこの本だ。

ダヴィンチという雑誌での連載と書き下ろしが載ったエッセイ本なのだけど、申し訳ないことに私はダヴィンチを毎回ちゃんとチェックできていなかったので、初めて読む文章が多い。すいません。

 


星野源さんが気になり、ファンである友人にその魅力を尋ねていた頃、その友人からCDを借りつつ、以前出た「そして生活はつづく」の文庫が本屋さんに並んでいたのを目にして思わず購入した。今ではファンである星野源さん関連のものを初めて買ったのはその文庫が初めてだった。
おもしろい文を書く人だなぁ、というのが一番初めに読んだファンになる前の印象で、そして自分のことをこんなにさらけ出していいのかな芸能人なのに、なんていらない心配までした。

それから星野さんにも、もちろん私にも月日は流れ、新刊の「いのちの車窓から」を読む。
エッセイを読んでいると、書いている人が側で話しているような錯覚に陥る。本の中に入っているということなのか。
星野さんの周りで起こった出来事や好きな人たちとのことが綴られていて、読んでいてあたたかい気持ちになる。そしてその出来事をしっかり覚えていて文章にできる星野さんすごいなぁと思った。そうか、エッセイを書かれて10年。
年数が経っているから、うまい、えらい、ということはないだろうけれど、文章が上手くなりたいからそれを仕事にする、という発想には はっ とした。
そして物事の見方、捉え方がいいなぁと思った。
この本には人は変わっていくし、そのことを昔はこう思っていたけれど、と反省したり思い返しては今はこう思うと述べられていたりした。

自分だって、ましてや周りの友人や家族だって、昔のあの頃とは考え方が変わったり、変わらない部分もあったりするんだということを改めて心に留めた。
なぜか、友人や家族など周りの人の考え方は昔から変わらないような気がしてしまう。会う頻度が高いから、緩やかに変わっていってもわかりにくいのかな。自分も同じように変わっていってるからかな。

 


星野さん自身も「そして生活はつづく」の頃から、それなりの年数は経っているから変わった部分もそりゃああるだろうし、変わらない部分もあるだろう。
「いのちの車窓から」ではすごく成長して見えたのは、自分のことをあまりさらけ出して、卑下したりしていないからだけではないと思った。偉そうに言うつもりはもちろんありません。

なんだろう、上手く言えないけれど、本を読んでいると今を生きることを肯定してくれている気持ちになる。

そして、星野さんも昔より生きやすくなっているんだろうな、そうであってほしいなと思った。

 

普通でいい加減

普通がいい、普通な人がいいと思っていた。

 

普通がいいなぁと思ってきたのは、ニュートラルなものの考え方が好きなのか?
ニュートラル、って響きはいいけどニュートラルって実際なんだ、デジタル大辞泉で調べてみた。

 

『いずれにも片寄らないさま。中立的。中間的。「ニュートラルな物の見方」』

 

うーん、私が言いたいことと合ってるような合っているところとそれ以外にもあるような。

そもそも普通ってなんだ。またまたデジタル大辞泉で調べてみた。

 

『「 普通」は意味の範囲が広く、「どこにでも普通に生えている草」のように、ありふれている、珍しくないの意、「ごく普通の子」「普通科」のように、特に変わりがない・平均的・一般的なの意に使われる。』

 

 

普通ってそうかー。私の言いたいことは普通ともちょっと違うのかな。

偏見ばかりで凝り固まっている人は嫌だけど、そう、ニュートラルというか、人の意見をきちんと聞けて、正すところは正して間違っていたことはきちんと認められる人。常識がある。

そしてそして、いい'加減'、いい塩梅なのが私の思う普通だ。真面目なところとユーモアがあるところのほどよさ、よい'加減'。

そうか、私の思う普通だから他の人が思う普通とも違うことがあるのかもな。言葉の意味としてはありふれている、ということであっても。

うーん、むつかしい。

 

昔の彼氏に「普通なところがいい」と繰り返し言っていたらあまりうれしい顔されなかったのも、私にとっては最高の褒め言葉だと思っていても、その言葉の意味だけで捉えられていたのかもな。

私も普通でいられる普通。いいと思うんだけどな。

 

言葉を、自分が思う意味としてしっかりと相手に伝えるのって、むつかしいことなんだなぁ。でも、伝わったらきっと、うれしいだろうな。

 

昔から好きなタイプを聞かれて普通がいいと言っても分かりにくいと言われていたし、私の普通は理想が高いからなんて言われたりもした。なんだそのイメージ。
でも普通って、普通じゃないのか、だんだんよく分からなくなってくる。

 

 普通って奥が深い。

 

 

広告を非表示にする